マーガレット エンジェリックスノー

.27 2018 花図鑑 マーガレット comment(0) trackback(0)
マーガレット エンジェリックシリーズは、コンパクトながらボリューム満点の草姿で
花付きが良いので、秋から初冬、早春から初夏にかけてと長期間かわいい花を
楽しむことができるマーガレットです
たくさん枝分かれして花を咲かせるので、鉢植えに仕立てて楽しくこともできます

花形もシングル咲き、ダブル咲き、アネモネ咲きと豊富なシリーズです


IMG_2521_201805272336597b3.jpg 



マーガレット エンジェリックスノー
美しい白花弁、花芯の変化も楽しめるお気に入りのマーガレットです

IMG_5905.jpg 



IMG_5907_20180527233658c34.jpg 



タイプ : キク科 キク属の半常緑宿根草
原産地 : カナリー諸島
草丈 : 30~50cm
開花期 : 3~6月 10~12月
温度 : 耐寒性あり
用途 : 花壇、鉢植え



IMG_3583_20180527233657ada.jpg 



栽培方法
花壇で楽しむ場合には、日当りが良く、砂質で水はけの良い場所を選びます
株間は20cm以上確保する必要があります

プランターに植える場合も被同士を近づけて植えると
病気の原因になったり、下葉が枯れあがって乱れた姿になるので注意する
土壌はやや乾燥気味の方が生育が良好



IMG_0446.jpg 



参照・・・・・高松商事株式会社 マーガレット 




成長記録になりますので、続きは写真数が多いです


ダリア ダリーナマキシ レッド複色

.26 2018 花図鑑 comment(0) trackback(0)
ダリア ダリーナマキシは、花弁が多く盛り上がって手毬のような
花形になるボール咲きで、花色は咲き進むと変化する


IMG_2425_20180526210705a15.jpg 



ダリーナマキシは、愛知県の営利生産者さん向けの種苗メーカーである
株式会社ハクサンさんの人気商品で、小葉でコンパクトに生育し
花径4~6cmの大輪の花を咲かせる鉢物用わい性ダリアです
生育、開花揃いがよく生産性に優れているダリアで存在感のある花なので
花壇のメインや鉢植えにしても引き立つダリアです



IMG_2348_20180526210704753.jpg 



このダリーナマキシシリーズには、白色、赤色、黄色、紫色
橙色、ピンク、赤復色(赤に白の縁取り)の7色がありようです

植え付け時期は、3月~6月

開花期は、6月~10月

草丈は、30~60cm

主な用途は、花壇向き、鉢植え



IMG_2955_20180526210703884.jpg 



IMG_2952_20180526210702092.jpg 



アジサイ

.24 2018 ガーデニング comment(2) trackback(0)
アジサイの季節になってきました


シロハナアナベルアジサイ

IMG_2436_201805242204031f4.jpg 


庭の花(ミニ花壇)5・22

.22 2018 ガーデニング comment(0) trackback(0)
ミニ花壇のお花たち

アメリカンコデマリ マゼントブラウン

IMG_1492_20180522221619e45.jpg 



ローズゼラニウム

IMG_2395_20180522221618911.jpg 


マーガレット ラブリーフレンド

.21 2018 花図鑑 マーガレット comment(0) trackback(0)
マーガレット ラブリーフレンドは、一重咲きの花型で鮮やかな桃色の中輪品種です
花数が多く、次々と開花してくるため、長い期間花を楽しむことができます
花が咲き進んでも花びらが色あせません
また、コンパクトな草姿で鉢物や花壇への利用が適し、仕立てやすい品種です 



IMG_3356_201805212154298db.jpg 



静岡県オリジナル品種のマーガレット
伊豆農業研究センター育成系統の自然交雑実生から選抜される
品種登録を出願し、平成25年7月に出願公表されています

平成25年から静岡県の東部地域を中心に本格的に生産が開始され
10月から5月まで出荷される



IMG_4126_20180521215428baf.jpg 



開花期:10~6月
用途:鉢植え、花壇
日照:日なたを好む



IMG_8841_201805212154270b4.jpg 



IMG_8415_20180521215427331.jpg 



栽培方法:
日あたりが良く、強い風が当らない場所に置く
置く場所にも異なりますが、2日に1度程度、または毎日水をたっぷり与える
水切れを起こすと、花首が曲ったり、折れたりすることがある
そんな時は曲った花を切り取ると早く次の花が咲く
切り取った花は一輪挿しやグラスブーケとして使うとよい

肥料は1ヶ月に1回程度、適量与える
株が大きくなり、根詰まり状態になったら大鉢へ植え替える
水はけが良い土に根鉢を崩さずに植え替える
その時は終わった花を摘み取り、蕾だけを残すようにすると根の動きが良い

温度を始めとする条件がよければ、秋に良い花を咲かせるためには
植え替えと摘芯を行う
摘芯は梅雨明けの2~3週間ぐらい前が良く、深く行わず
全体が丸くなるように形を整える程度で構わない



IMG_0569_20180521215426d63.jpg 



参照・・・・・静岡県公式ホームページ 県産オリジナル品種の紹介




成長記録の為、続きは写真数が多いです

 HOME