FC2ブログ

自然の中で の~んびり!! 海と山に囲まれた自然の中での生活

ヒマラヤユキノシタ

早春2月から4月にかけて淡いピンクの花を咲かせる多年草で

ごつごつした黒い茎が地面に這うようにのびていくのが特長です

葉は分厚めでウチワかシャモジのような丸みのある形をしています


科属名 : ユキノシタ科ベルゲニア属  

原産地 : ヒマラヤ(アフガニスタン、チベット)

別 名 :  オオイワウチワ  ベルゲニア  ウインター・ベゴニア

花言葉 : 適応 忍耐 切実な愛情、深い愛情

ユキノシタ科で原産地ヒマラヤに多く咲くことから、

属名はドイツの植物学者 Bergenia(ベルゲニア)にちなむ

明治初期に渡来

名前は、ヒマラヤ、シベリア地方に多くて 寒さに強く、冬でも常緑の葉を

雪の下から のぞかせていることから (または「雪の下科」であるところから)

葉は革質で固く葉や茎にタンニンを多く含むので、

ロシアではこのタンニンを製革用に使用している


image2083518.jpg 



スポンサーサイト