FC2ブログ

自然の中で の~んびり!! 海と山に囲まれた自然の中での生活

プリムラ オブコニカ

プリムラ・オブコニカは、中国湖北省~ヒマラヤ原産の
半耐寒性多年草で、サクラソウの仲間です
オブコニカは、葉の間からつぎつぎと太い花茎をまっすぐに伸ばし
花径3~5cmと大ぶりの花を咲かせます

花は長期間にわたって楽しめ、寒さには弱くても日照不足に強く
室内で楽しむには最適の花なので、冬から春にかけて温室栽培された鉢ものが流通します


IMG_0561_20170331172225a89.jpg 


プリムラ属は現在では500種以上あるとされ、主に流通しているのは
ヨーロッパで改良された春咲の園芸品種で、P・オブコニカの他
P・マラコイデス、P・ジュリアン、P・ポリアンサなどがある

花色は赤やピンク、サーモンピンク、白、紅紫、淡紫色などの優しく上品な花で
咲き始めは薄く、咲き進むにつれて濃い色になっていきます


IMG_0556_20170331172224167.jpg 


葉や花柄の腺毛には、プリミンというアルカイドが含まれており
人によっては皮膚に触れるとかぶれを起こし、色素沈着を起こすこともある
もし触れた場合はアルコールで拭取り洗い流します

ただ最近は品種改良によりかぶれにくいものも生まれています


IMG_0567_20170331172223e23.jpg 


草丈は20~30cm、開花期は11~翌4月
鉢の市販期は10~翌3月ごろ


IMG_7396_20170331172222add.jpg 


属名の「プリムラ(Primula)」は、ラテン語の「primus(最初)」と
いうの意味をもち、この花がほかの花に先駆けて、春一番に咲くことからとされます
花名の「オブコニカ」は、「倒円すい形」という意味で、萼が楕円形をしていることによるとされる

花期が長く常緑の葉を繁らせているため、
和名は、トキワザクラ(常盤桜)または「シキザキサクラソウ(四季咲き桜草)
英名は、German primrose(ジャーマンプリムローズ)、「Top primrose(トッププリムローズ)


IMG_0564.jpg 


育て方
花の咲いているときは毎日たっぷりと水やりし、乾燥に注意します
花には水をかけないよう注意します
花の咲いている期間が長いので、1000倍に薄めた液体肥料を
1週間に1度水がわりに与え、花がら摘みは欠かさず行います
6月から雨が当たらない涼しい半日陰で夏越しさせ、
その間は水やりを控え肥料を切ります
9月中旬~10月上旬に植え替えと株分けを行います


IMG_0544.jpg 


科属名 : サクラソウ科 サクラソウ属(プリムラ属) 半耐寒性多年草

学名 : Primula obconica  

原産地 : 中国西部~ヒマラヤ

別 名 : トキワザクラ トキワコザクラ シキザキサクラソウ

花言葉 : 初恋 しとやかな人 富貴 神秘な心 青春 運命を開く 幸福感


参照・・・www.teych.com/11ghana-03.html 


スポンサーサイト