FC2ブログ

自然の中で の~んびり!! 海と山に囲まれた自然の中での生活

コデマリ

コデマリは、中国原産の落葉低木で、名前は小さな手毬状の花姿に由来します
日本でも古くから知られており、「スズカケ(鈴掛)」の古名があり
江戸時代の初めには庭木などに利用されていました
現在でも庭木として親しまれているほか、切り花としても広く利用されます

寒さに強く土質もあまり選ばず、剪定もあまり必要がないなど
手入れしやすいので公園などにも広く植栽されています

種小名のカントニエンシス(cantoniensis)は「広東産の」の意味で自生地に由来します

樹高は1m~1.5mで枝は細くて長く伸びたものはゆるく弓状にしなり
主な開花期は4月~5月で、5枚の花びらをもつ径7mm程の
小花がまとまって咲き、およそ3cmの手毬状になります
満開時は枝に沿ってびっしりと手毬状の花が付き、その姿は見事です
秋に紅葉して、冬は葉を落とします


IMG_2682_201704302220203c1.jpg 



八重咲コデマリ

IMG_2700_20170430222020536.jpg 



斑入りコデマリ ピンクアイス

IMG_2405_20170430222018e86.jpg 



科属名 : バラ科 シモツケ属 落葉低木

学名 : Spiraea cantoniensis

原産地 : 中国

別 名 : スズカケ テマリバナ ダンゴバナ

花言葉 : 優雅 友情 上品 品位 努力する 幼心 いくじなし




参照・・・斑入りコデマリ ピンクアイスの記事 


スポンサーサイト