FC2ブログ

自然の中で の~んびり!! 海と山に囲まれた自然の中での生活

金のなる木(花月)

金のなる木は、南アフリカを原産とする多肉植物で、昭和初期に日本へ渡来しました
樹高1~3mに生長し、大きく育つと茎が木の幹のように見えることから
観葉植物として流通しています

葉っぱは肉厚で丸く、表面にはツヤがあり、また、生長すると赤い縁取りが入り
寒くなると紅葉して全体的に赤くなる
11~2月に白やピンクの小さな星形の花を咲かせますが、品種によって
咲きやすかったり、大きくならないと咲きにくかったりと様々です
中には1ヶ月以上花を咲かせるものもある


IMG_4561_20180129233812d55.jpg 


園芸上の名称は「花月」とされていますが、流通しはじめた当初
新芽に5円玉を入れてお金が実ったように見せて販売していたことから
「金のなる木」「成金草」と呼ばれるようになりました


英名の「dollar plant(ダラ-プラント)」「Money tree(マネーツリー)」は
葉っぱが丸く、コインのように見えることに由来します
また、健康に育った株は、葉っぱに赤い縁取りが入ることから
「縁紅弁慶」という和名も付けられています


IMG_3314_20180129233812f93.jpg 


中国では、金のなる木は金運や繁栄を招く縁起のよい植物とされてきました
そのため、風水でも金運アップの効果があるとされています
金運を左右する方角とされる南東に置くのが吉

また、葉っぱが上向きで丸い形をしていることから、人を元気付け
リラックスさせる効果を併せ持っているので、
家族が集まり、友人を招きいれるリビングに飾るのがおすすめのようです


IMG_3328_20180129233811e73.jpg 


金のなる木は、品種改良がしやすいことから、たくさんの園芸用品種があり
中には、葉っぱが巻いたり、細くなったり、斑が入ったりするものもある

よく知られている品種

カゲツ(花月)

クラッスラ・ポルツラケという学名で、一般に「金のなる木」というと本種を指す
葉っぱが肉厚で幹が太く、丈夫で育てやすいことから人気のある品種

オウゴンカゲツ(黄金花月)

明るい黄色の斑が入る品種で、日に当たると葉っぱが黄金色に輝くことか
縁起がよいとプレゼントによく贈られる

カゲツニシキ(花月錦)

花月の斑入り品種で、薄いクリーム色から白色のスジが入る
葉っぱの深い緑色と斑のコントラストが美しく、観賞価値が高い

ヒメカゲツ(姫花月)

草丈の低い品種で、株がコンパクトにまとまることからミニ観葉植物として流通している
節と節の間が狭く、こぶりな葉っぱが特徴

サクラカゲツ(桜花月)

花の付きやすい品種で、晩秋から春にかけてピンクの小さな花を咲かせる
その姿が桜を思わせることから名付けられました

ウチュウノキ(宇宙の木)

上に向かって育つ細長い葉っぱが、宇宙人の指を連想させることから
名付けられた品種で、「クラッスラ・ゴーラム」という学名で流通していることもある


IMG_3334_20180129233810029.jpg 


日向の風通しがよい場所で、乾燥気味に育てるのがポイント
日陰でも育つことはできますが、弱い枝が生えて見た目が悪くなってしまう
また、日光を十分に浴びないと、花も咲きにくくなってしまう

多肉植物なので、湿度の高い環境は苦手で、水は土の表面が乾いてから
数日おいて与えるようにするとよい

金のなる木が育つためには0度以上の気温が必要で、根が霜に当たると
枯れてしまうことから、鉢植えで育てるのが一般的ですが
暖かい地域では、地植えで育てることもできる

鉢植えは、苗よりも1回り大きな鉢に植え付け、日向で管理し
地植えは、日当たりと水はけのよい場所を選んで植える
いずれの場合も、4~6月か、9~10月が植え付けの適期

挿し木と葉挿しで数を増やすことができる
いずれの場合も4~10月が適期で、水は与えずに根が出るのを待つ


IMG_4547_201801292338109e0.jpg 


科属名 : ベンケイソウ科 クラッスラ属 常緑低木 多肉植物 

学名 : Crassula ovata

原産地 : 南アフリカ

別名 : 花月(カゲツ) クラッスラ 縁紅弁慶(フチベニベンケイ)  成金草(ナリキンソウ)

花言葉 : 一攫千金 富 幸運を招く 不老長寿



参照・・・HORTI 金のなる木


スポンサーサイト