FC2ブログ

ラナンキュラス ラックスシリーズ

.13 2018 花図鑑 comment(0) trackback(0)
ラナンキュラス ラックスシリーズは、ラナンキュラスの育種・品種改良を
手がけて20年の綾園芸さんより作出されたのオリジナル品種で
異種間交配で生まれた新しいラナンキュラスです

光沢のある花びらが特徴で、日光が当たるとより輝き非常に美しく
スプレー咲きで春まで次々に開花します


IMG_5881.jpg 



植えっぱなしOKのピカピカ光る花びらは、世界で評価された希少なラナンキュラス
「ラックス」というシリーズ名は、花びらが太陽の光を受けてキラキラ光ることから
当初はピカピカシリーズと命名、その後、ワックスのような質感ということで、
「ラナンキュラス」+「ワックス」という由来で名づけられました
品種名はいずれもギリシャ神話に登場する名称から名づけられているそうです



IMG_5865_20180313232541845.jpg 



ラックスは丈夫で比較的耐寒性があり、球根性の植物ですが
地域によっては地植えして、そのまま翌年も花を咲かせることができる
(雪の多い地域では地植えは無理かもしれません。現在 北限を実験中です)

背が高くなる(50-60cm)わりに、株元の茎が太くしっかりしているので、倒れにくい
スプレー咲きで次々に花が咲き、切り花にしても蕾までしっかり咲いてくれる
花は一重から半八重で、風にそよぐ軽やかな印象を与えます
花弁はシルクのようなつやがあり、光が当たるとピカピカ輝いているように見えます
花の色は咲き始めは濃くて、咲き進むにつれて、シルバーやゴールドのような
模様が出てきて輝いてきます

種はできませんが、球根で増やすことができます
だいたい桜と同じ時期に開花します

栽培方法:
日当たり、水捌けの良い場所が適する
肥料は、植付け時と花付きが悪くなったら与える



IMG_5793_20180313232540efb.jpg 



ウラノス、テセウス、ミノアン、アリアドネの寄せ植え

IMG_6156_20180313232539160.jpg 



エウロペ、ピュタロス、ロティス、ハデスの寄せ植え

IMG_6161_20180313232538eb0.jpg 



科属名 :  キンポウゲ科 キンポウゲ属 耐寒性球根植物

学名 : Ranunculus asiaticus

原産地 : 西アジア~ヨーロッパ東南部 地中海沿岸原産

花言葉 : 晴れやかな魅力 名誉 名声 あなたは魅力的 美しい人格 光輝を放つ




参照・・・綾園芸ラナンキュラス ラックス   綾園芸ラナンキュラス




  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://kasaburannkatei.blog11.fc2.com/tb.php/3484-120ee4e4