2018_04
04
(Wed)23:21

白芯卜伴椿

白芯卜伴(ぼくはん)椿は、愛媛で作られた、江戸初期からの名花
濃い紅色の一重小輪で、唐子咲きというおしべの先が変形して花弁のようになり(花弁化)
よじれて盛り上がった特徴のある花で、唐子の部分は白色です


b0182884_4413126[1] 



IMG_7696_201804042316549e4.jpg 



泉州貝塚の茶人卜伴によって植えられたと伝えられる椿の品種
卜伴の「伴」の字はちがいますが、おそらく貝塚寺内の領主で
願泉寺住職である「卜半」の名前に由来すると考えられます

白芯卜伴椿の別名「月光」とも呼ばれていますが
関西名「月光ーがっこう」、関東名「卜伴ーぼくはん」と呼ばれているとか

ちがう種類で唐子の部分が紅色の紅卜伴椿を別名「日光」と呼ばれているようです
この品種は自然と枝が放射状に広がる椿です



b0182884_1303671[1] 



IMG_7698_20180404231653b73.jpg 



この品種は自然と枝が放射状に広がる椿です

開花は、2~4月咲き



IMG_7688_2018040423165276a.jpg 



毎年2~3輪しか開花していなかった鉢植えの白芯卜伴椿
今年は、少し場所移動したせいか12輪の花が咲きました

4月1日撮影

IMG_7597_20180404232008967.jpg 



IMG_7605_20180404232007f70.jpg 



IMG_7697_20180404232007d74.jpg 



IMG_7699_20180404232006c74.jpg 



IMG_7601_2018040423200579c.jpg 


C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック