2018_05
14
(Mon)23:56

マーガレット(ピンク花)

マーガレットは、カナリア諸島の浜辺に自生する、毎年花を咲かせる多年草です
17世紀末にフランスに導入されたのがはじめで、日本には明治時代に渡来しました
高温多湿、寒さに弱く日本の気候では育てにくく当初は温室での栽培がメインでした
大正時代、露地での栽培法が確立され、温暖な太平洋沿岸で切り花用に
栽培されるようになりました

マーガレットの名前はギリシア語で「真珠」を意味するマルガリーテスに由来し
白い花姿に由来します 


IMG_8346_20180514233152bc1.jpg 


草丈は60cm~1m、年月を経た株は地際の茎が樹皮のように茶色くごつごつした感じになる
その姿からモクシュンギクの和名があります

園芸品種は様々な花色・花姿がありますが野生種は白か黄色の一重咲きです
主な開花期は初夏~夏です
葉は深く切れ込んで羽のような姿をしています



IMG_0889_20180514233151dc1.jpg 


種類
在来白花種
在来白とも呼ばれるフランスで改良された園芸品種です
古くから栽培されており、マーガレットの代名詞とも言える品種で
日本には明治時代に入ってきました
野生種に比べて花が大きいのが特徴で早生の種もある
在来白はタネがなかなかできませんが、鉢物用に改良された最近の園芸品種の
多くは簡単にタネができる

黄花マーガレット
在来黄とも呼ばれ、一重の黄色い花を咲かせます
このほかにも花色がピンクのもの、八重咲き種や丁字咲き種など多くの園芸品種がある
また、黄花の園芸品種のなかには、近縁のシュンギク(キク科キク属)との交配によって
誕生したものもあり、最近ではハナワギク(キク科キク属)と交配させた園芸品種が
ふえていますが、花後に雨に当てると枯れやすく、一年草的な性質が強いといえます


花形は一重、丁字、八重、ポンポン咲きなど変化に富んでいます
基本的に香りはありませんが、ラベンダーに似た香りをもつ交配種の風恋香があります


IMG_0618_201805142331504e9.jpg 


マーガレットの葉や茎の汁にはミニテルペンラクトンという有毒物質が含まれ
皮膚接触による皮膚炎や経口接触による嘔吐などの症状を引き起こす
恐れがあるので、注意も必要です


IMG_0635.jpg 


マーガレットの植え付けは、3月下旬から6月初旬あたりの春に行う
夏が近くにつれて生育が衰えてきますが、直射日光を避けられる
風通しの良い場所で管理する

基本的にマーガレットはアルカリ性の土壌を好むため
園芸用品に小粒の赤玉土とリンを含む緩効性無機質肥料などを混ぜた用土がおすすめ
土壌が酸性の場合は、緩和するために苦土石灰や有機石灰を混ぜるのもよい

マーガレットは乾燥気味を好み、肥料はひかえめでOK

9月頃には思い切ってマーガレットをばっさり剪定することで、株形が整い
花数を増やすことができる
15cmほどに伸びた新芽を摘み取ることで、脇芽が出てより多くの花をつける
全体で背丈を半分にする気持ちで思い切って剪定してよいのですが
葉を残さずに剪定すると枯れてしまうので注意が必要


IMG_0604_20180514233149779.jpg 


英語の花言葉 : Secret love:秘密の恋 Faith:信頼

色別の花言葉 : ピンク色・・・真実の愛  黄色・・・美しい容姿

マーガレットは、恋占いの花としてよく利用され
また、花言葉も「恋占い」という意味をもっており、世界的にも有名な花です
実はフランスの少女たちがマーガレットを使用し占っていたことが起源となっているそうです

もう一つの花言葉「真実の愛」は、ギリシャ神話に登場する女性の守護神
アルテミスに愛を伝え、捧げる花がマーガレットであったことに由来している
女神アルテミスは、「処女神」「出産の女神」「狩猟の女神」などと言われている


IMG_0589.jpg 


科属名 : キク科 モクシュンギク属

学名 : Argyranthemum frutescens(Chrysanthemum frutescens)

原産地 : カナリア諸島

別名 : 木春菊(モクシュンギク) フランスギク

英名 : Marguerite(マーガレット) Paris daisy(パリ・デージー)

花言葉 : 恋占い 真実の愛 信頼 貞節 誠実


参照

ヤサシイエンゲイ マーガレット  ホルティ~  RIMIA(リミア) 




記録更新の為、続きは写真数が多いです


かれこれ17~18年ほど前にひと苗から始まったピンクのマーガレット
年々、鉢を大きくしていきながら、挿し木をしては鉢を増やしたり
ご近所さんや実家など多くのお宅へお嫁に出したマーガレットです
地植えにするとご近所さんでは、直径3m近くにまで成長したこともあります

今年、わが家では北、南、西の3か所で5つのプランター植えで楽しみました

4月8日撮影

西側 一番大株のマーガレット

IMG_8347.jpg 



4月10日撮影

IMG_8952_201805142343095b4.jpg 



IMG_8955_201805142343089ae.jpg 



IMG_8951_20180514234308f8b.jpg 



4月15日撮影

IMG_9266_201805142343075f6.jpg 




4月26日撮影

直径160cmほどに成長


IMG_0606_20180514234306c46.jpg 



IMG_0605_20180514234620245.jpg 




南側のマーガレット

挿し木苗が途中で枯れ、空間ができてしまいました(^^;

IMG_0585_201805142346196e5.jpg 



IMG_0590_20180514234619492.jpg 



北側のマーガレット

大中3つのプランターや鉢植え

IMG_0616_20180514234618469.jpg 



IMG_0624_2018051423461766f.jpg 



IMG_0633_20180514234617f08.jpg 



IMG_0634_20180514235306cd6.jpg 



空いた部分にブロッサムを植えていましたが、
日陰になり過ぎて、お花は少ししか咲かなかった(^^;

IMG_0636_20180514235306c73.jpg 



IMG_0639_20180514235305b47.jpg 



IMG_0641.jpg 



IMG_0883_201805142353049d2.jpg 



IMG_0886_20180514235303a5b.jpg 



花壇に挿し木していたものもしっかり根が付いたみたいです
手前は、ノースポール

IMG_0764_20180514235522ff6.jpg 


そろそろ鉢上げしてあげないとね


4月29日撮影

IMG_1099.jpg 


今年は、こまめに花がら摘みをしてきましたが
一気に花が終わりかけたので、思い切って刈り込みました
半月もすると花色は薄く、花径も少し小さくなりますが
2番咲きが楽しめるようになります


長々とお付き合い、ありがとうございました(*^^*)

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック