FC2ブログ

自然の中で の~んびり!! 海と山に囲まれた自然の中での生活

タチヒカゲ

いけばなの先生から頼まれネット注文したヒカゲカズラ
ところが届いた商品を見た先生が
「これはヒカゲカズラではなく、タチヒカゲの方だわね!!」ですって


IMG_7801_2019012922374816e.jpg 



IMG_7802_20190129223747f9f.jpg 



タチヒカゲは、ヒカゲノカズラ科ヒカゲノカズラ属の多年草で常緑性のシダ植物です
北海道から九州にかけて分布し、やや湿った林の中に生える

海外では、朝鮮半島、台湾、中国、ロシア東部、北アメリカなどに広く分布する
ヒカゲノカズラの仲間は3億年くらい前の石炭紀に栄え、高さ10メートルくらいの
鱗木(リンボク)という植物が広大な森林を形成していたという
石炭はこの植物が炭化したものである



IMG_7797_201901292237464e2.jpg 



IMG_8407.jpg 



草丈は10~30センチくらいで
茎は地中を這って伸び、直立する茎を地上に出す
茎の上部はよく枝分かれをし、樹木状になる

スギの葉に似た細い葉を密生することから、別名(和名)はマンネンスギ



IMG_7894_20190129223745189.jpg 



学名:Lycopodium dendroideum(syn. Lycopodium obscurum)

属名の Lycopodium はギリシャ語の「lycos(オオカミ)+podion(足)」からきている
鱗片状の葉が密生した茎が狼の足に似ていることから名づけられた。

種小名の dendroideum は「樹木に似た」という意味




IMG_7900.jpg 



参照・・・・・マンネンスギ    ヒカゲノカズラ 

2 Comments

いちにの says...""
更新を放置したままの当方のブログへ幾度となくアクセスいただいて申し訳有りません。m(__)m
  マンネンスギの別名がタチヒカゲという事を始めて知りました。  福岡県においては絶滅危惧ⅠAという希少種ですので私は自生地は1箇所しか知りません。
2019.03.10 19:19 | URL | #- [edit]
kasaburannkatei says..."Re: タイトルなし"
いちにのさんへ

こんばんは(^-^)
観察会のお仲間さん方といろんな場所へ足を運ばれ
庭では目にできない野山の植物や昆虫の更新を楽しませて頂いてます(^^♪
タチヒカゲ、今、指導を受けているいけばなの流派ではよく使用するとのこと
私は初めて目にした植物でした
以前は花屋さんで気軽に手に入ったそうですが、近年ではなかなか
手に入りにくくなったと先生がぼやいてましたよ
機会がありましたら自生地の写真、拝見できると嬉しいです(*^^*)
2019.03.10 22:28 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kasaburannkatei.blog11.fc2.com/tb.php/3659-cc3c220b